ガールズバーで働こう〜!

ガールズバー
ガールズバー

『ガールズバー』とは、なんぞや?

お客さまの対面に座って、カウンター越しに接客するのが、『ガールズバー』のお仕事です。
ざっくりとした説明になりますが、キャバクラとの違いは、女性スタッフの座る位置になります。
基本は、お客さまの注文されるお酒(※カクテルなど。)を提供して、会話のお相手をするというスタイルです。
余談ですが、ガールズバーの発祥の地は、大阪(※2006年半ば)といわれております。
大阪から、東京・名古屋などの大都市圏に広がっていったみたいですね(*´-ω)(ω-`*)♪

『ガールズバー』について学ぼう〜☆

『ガールズバー』とは、女性のバーテンダーがいるショットバーのことです。
通常は、カウンター席にお客さまが座り、女性のバーテンダーが立ったまま接客をします。
『ガールズバー』の料金システムも、お店によって異なります。
例えば、飲み方・過ごし方によって、料金システムに大きな差がでてくるということですね。
多くの『ガールズバー』のお店は、時間制による【チャージ料金】をいうものをとっています。
この、【チャージ料金】というのは、「席料・セット料・テーブル料金」などと呼ばれていますが、システム上で一致しているのが、ドリンク・フードに関わらず、お客さまにお支払い頂く料金のことですね。

『ガールズバー』の料金について〜!

多くの『ガールズバー』のお店は、【チャージ料金】が時間単位で決められています。
【チャージ料金】は、1時間で1000〜3000円ほどが、平均的な料金ですね。
女性の肌の露出が大きい・コスプレなどがコンセプトのお店の場合は、料金システムは、高くなる傾向にあるようです。
また、お客さまから女性スタッフへのドリンクの料金が決められているような、キャバクラに近い料金システムのお店も多いですね。
ちなみに、女性スタッフへのドリンクの料金は、1杯1000円くらいからという感じです。

よくあるご質問

Q:【同伴・アフター】など、しなければいけませんか?
A:いいえ。
【同伴・アフター】は、一切、必要ありません。
お店で働いている女性スタッフは、あくまで、【バーテンダー】です。
ですので、『ガールズバー』には、キャバクラなどのお店にあるような【指名】といったシステムはありません。
お客さまが何度も通って、女性スタッフと仲良くなり、お仕事の後に待ち合わせて...ということは、あるかもしれません。
しかし、お店側からは、(※女性スタッフにとって!)何の報酬も発生しません。
ですので、【同伴・アフター】については、女性スタッフ次第で...ということですね。

Q:女性のお客さまも来店されますか?
A:はい。
『ガールズバー』は、女性のお客さまの入店も認められているお店が多いです。
働いている女性スタッフも若い年齢の方が多いので、だいたいが20代の女性スタッフが、女性のお客さまの接客をしていますね。
女性スタッフは、物腰も柔らかく、お店の雰囲気が見た目的にも華やかになることから、【バーテンダー】の求人でも、女性の方が、給料・待遇などが優遇されることも多いみたいですよ♪

Q:『ガールズバー』の特徴とは?
A:『ガールズバー』で働いている女性スタッフは、「ガールズ」というだけあって、20代前半の女性の方が多く、服装・髪型なども若さをうちだしている流行の格好で接客をしています。
ですので、『ガールズバー』は、本格的なバーのバーテンダーのように、お酒に関する豊富な知識・クラブのホステスのような洗練された接客・会話などを求めていく場所ではありません。
『ガールズバー』には、若くて元気で明るい女性の方と、楽しく会話をしながらお酒を飲みたい♪
...という感じのお客さまがいらっしゃいます。

  • ▼新着情報
  • [2014-04-24] 話題のナイトワーク求人(´U`*)がオープン。
  • [2014-04-24] 稼げるナイトワーク求人の情報ならこのサイト!!

▲pagetop